陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS) AVNIR2 データセット


GCMDサイエンスキーワード
[Land Surface ] [Land Use/Land Cover ] [Land Cover ] [Land Resources ] [Land Use Classes ] [Topography ] [Contours ] [Landforms ] [Topographical Relief ] [Spectral/Engineering ] [Visible Wavelengths ] [Visible Imagery ]

識別情報

名称 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS) AVNIR2 データセット
メタデータID ALOS_AVNIR220181214174705-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 ALOSシステム運用担当
電子メールアドレス alos_od@restec.or.jp

ドキュメント作成者

名前 三浦 聡子
組織名 宇宙航空研究開発機構 ミッション運用システム推進室

データ作成者

名前 宇宙航空研究開発機構

ドキュメント作成年月日

2018-12-14

データ作成年月日

  • creation : 2013-04-30

データセット概要

序論

AVNIR-2は地球観測プラットフォーム技術衛星(ADEOS)に搭載されたAVNIRの分解能をさらに向上させたもので、可視・近赤外域の観測波長を用いて、主に陸域、沿岸域を観測することにより地域環境監視等に必要な土地被覆分類図、土地利用分類図などの作成を行います。

AVNIR-2はまた、災害状況の把握のために衛星進行直行方向に観測領域を変更するポインティング機能(±44°)を持っています。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • geoscientificInformation

  • imageryBaseMapsEarthCover

時間情報

開始日 2006-01-24
終了日 2011-04-22

地理的範囲

北限緯度 90
西限経度 -180
東限経度 180
南限緯度 -90

グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
()
()

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme [Land Surface ] > [Land Use/Land Cover ] > [Land Cover ], [Land Surface ] > [Land Use/Land Cover ] > [Land Resources ], [Land Surface ] > [Land Use/Land Cover ] > [Land Use Classes ], [Land Surface ] > [Topography ] > [Contours ], [Land Surface ] > [Topography ] > [Landforms ], [Land Surface ] > [Topography ] > [Topographical Relief ], [Spectral/Engineering ] > [Visible Wavelengths ] > [Visible Imagery ] GCMD_science

データセットに関するオンライン情報

  • AUIG(ALOSデータ検索・注文用システム、協定締結機関、共同研究機関の方のみデータ注文が可能) : https://auig.eoc.jaxa.jp/

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
CEOS format (BSQ)

系譜情報

データ処理 (1)

データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

以下の処理レベルがある。

[Level 1A]

レベル0 から切り出された、伸張・ライン生成されたAVNIR-2 生データ。レベル1B 以降の処理に必要なラジオメトリック情報、幾何学的情報等のアンシラ情報が付加される。

[Level 1B1]

レベル1A データにラジオメトリック補正を施し、絶対校正係数を付加する。レベル1B2以降の処理に必要な幾何学的情報等のアンシラリ情報が付加される。

1B2 レベル1B1 データに幾何学的補正を施す。以下の補正オプションが使用可能。

R:Geo-reference データ。

G:地図への重ねあわせを行う。Geo-corded データ。

D:DEM が整備されているシーンについては概略DEM 補正を行い、ポインティング時の地形の影響を補正する。

なお、DEM 補正が有効なのは日本域のみである。また、ポインティング角が大きい場合DEM 補正エラーが発生する可能性があり、エラーの部分は補間を行うため、精度は保証されない。


Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2018 DIAS All Rights Reserved.