DIAS_Satellite_ERS1_AMIデータセット


識別情報

名称 DIAS_Satellite_ERS1_AMIデータセット
メタデータID DIAS_Satellite_ERS1_AMI20210525122447-DIAS20210525095249-ja

問合せ先

データセットに関する問合せ先

名前 濱本 昂
組織名 宇宙航空研究開発機構
住所 日本, 305-8505, 茨城県, つくば市, 千現2-1-1
電話番号 +81 50 3362 7989
ファクシミリ番号 +81 29 868 2961
電子メールアドレス hamamoto dot ko dot at jaxa dot jp

プロジェクトに関する問合せ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 濱本 昂
組織名 宇宙航空研究開発機構
電子メールアドレス hamamoto dot ko dot at jaxa dot jp

データ作成者

名前 濱本 昂
組織名 宇宙航空研究開発機構
電子メールアドレス hamamoto dot ko dot at jaxa dot jp

ドキュメント作成年月日

2021-05-25

データ作成年月日

  • revision : 2016-01-22

データセット概要

序論

CEOP衛星データセットは、衛星オリジナルデータから等緯度経度格子へリサンプリングしたグリッドデータである。データ期間はCEOPフェーズ1で定義 しているEOP-3、EOP-4期間およびフェーズ2の2007年以降である。出力データの対象領域は35地点(フェーズ1の場合)もしくは52地点 (フェーズ2の場合)のリファレンスサイト、5箇所のモンスーン領域および全球の3タイプのスケールがある。使用している衛星データは、MODIS、 AMSR-E、SSM/I、PR、TMI、AVNIR2、PALSAR、PRISM等と数多く、データセットのパラメータも大気圏、海洋圏、陸圏、雪氷圏 と多岐におよぶ。

■衛星

ERS:

 ヨーロッパリモートセンシング衛星は1991年(平成3年)に1号機、1995年(平成7年)に2号機が高度約780kmの太陽同期準回帰軌道に打ち上げられました。海洋、海氷分布、海上風、海洋循環等の観測を主に、陸域情報も高分解能レーダで観測する地球観測衛星です。

 観測機器は合成開口レーダ(AMI)、測風散乱計(SCAT)、レーダ高度計(RA)、走査放射計及びマイクロ波サウンダ(ATSR-M)、レーザ反射鏡(LRR)、精密測距装置(PRARE)が搭載されており、SAR以外はデータレコーダに記録することができます。衛星の回帰日数は35日を標準として、3日、176日の3種類の運用モードがあります。

■センサ

合成開口レーダ(AMI)

■プロダクトレベル

L1

■分解能

30m

■作成エリア

アフリカ ボルタ川

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • geoscientificInformation

時間情報

開始日 1991-12-10
終了日 2000-03-10

地理的範囲

北限緯度 10
西限経度 -5
東限経度 5
南限緯度 0

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme land No_Dictionary

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

利用規約

プロジェクトによるデータ利用規約

データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/policy/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacypolicy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

謝辞の記載方法

プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”


Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2021 DIAS All Rights Reserved.
DIASサービス利用規約DIASプライバシーポリシー