樹木潜在光合成能力地図


識別情報

名称 樹木潜在光合成能力地図
1.0
メタデータID GRENE_ei_EcoBiodiv_ESMap_Japan_Photo20181216224510-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
電子メールアドレス mogu@biology.tohoku.ac.jp
名前 中静 透
組織名 東北大学
電子メールアドレス toron@m.tohoku.ac.jp

ドキュメント作成者

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
電子メールアドレス mogu@biology.tohoku.ac.jp

データ作成者

名前 小黒 芳生
組織名 東北大学
名前 中静 透
組織名 東北大学
名前 黒川 紘子
組織名 森林総合研究所
名前 饗庭 正寛
組織名 東北大学

ドキュメント作成年月日

2018-12-16

データ作成年月日

  • creation : 2015-10-15

データセット概要

序論

樹木の潜在光合成能力(Amass)地図データセット。データの提供や利用条件などの詳細はメールでお問い合わせ下さい。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • environment

  • biota

時間情報

開始日 1993-01-01
終了日 1999-01-01
時間分解能 Duration in which source vegetation map was created.

地理的範囲

北限緯度 45.55722
西限経度 122.9336
東限経度 153.9864
南限緯度 20.42528

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Ecosystems, Biodiversity GEOSS
theme [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Forests ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Agricultural Lands ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Alpine/Tundra ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Grasslands ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Montane Habitats ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Shrubland/Scrub ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Urban Lands ], [Biosphere ] > [Terrestrial Ecosystems ] > [Wetlands ], [Biosphere ] > [Ecological Dynamics ] > [Community Dynamics ] > [Biodiversity Functions ], [Land Surface ] > [Land Use/Land Cover ] > [Land Resources ] GCMD_science
theme BIOGEOSCIENCES > Ecosystems, structure and dynamics, BIOGEOSCIENCES > Biodiversity AGU
theme Biodiversity, Ecosystem Function/Dynamics GEO_COP
place Asia > Eastern Asia > Japan Country
theme Ecosystem Services No_Dictionary

データ周辺情報

植生図のポリゴンごとに推定値を計算した地図、3次メッシュ(1km四方)ごとに推定値を平均した地図の二種類のデータがある。

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
ESRI GeoDataBase ArcGIS 10.3

系譜情報

データ処理 (1)

データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

環境省自然環境保全基礎調査第6?7回植生調査の調査地点ごとに樹木の機能形質データベース(黒川他、未発表)を用いて葉面積あたり葉重(LMA)の群集加重平均を計算した。また調査地点の座標からGISを用いて各調査地点に気候情報(国土交通省 国土数値情報 平年値メッシュ2010、East Anglia University Climate Research Unit CRU_TS 2.1 Dataset)と標高(国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル 10mメッシュ)を割り当てた。このLMAと気候値をReich et al. (2007)の光合成モデルに当てはめ、調査点ごとに最大光合成能力(μmol/s/g)を計算した。この光合成速度を気候、標高、植生情報から予測するモデルを作り、1996年頃の植生図(環境省自然環境保全基礎調査第5回植生調査植生図)を元に日本全国を対象に光合成能力の地図を作成した。

元データの情報

データ起源の引用名 加工するデータ起源の説明

Mesh climate data of National Numerical Information

国土交通省 国土数値情報 メッシュ平年値

CRU_TS 2.1

East Anglia University Climate Research Unit Time Series Dataset

10m digital elevation model in Fundamental Map Information

国土地理院 基盤地図情報 数値標高モデル10mメッシュ

The 6th and 7th Natural Environment Conservation Fundamental Observation

環境省 自然環境保全基礎調査 第6?7回 植生調査

The 5th Natural Environment Conservation Fundamental Observation

環境省 自然環境保全基礎調査 第5回 植生調査 植生図

参考文献

小黒・饗庭・中静 (2016) 森林生態系の観測と生態系サービスの地図化 ─ さまざまなデータを組み合わせ,生態系サービスを可視化する. 生物の科学 遺伝 70(1) 22-27

Reich, P. B., Wright, I. J., & Lusk, C. H. (2007). Predicting leaf physiology from simple plant and climate attributes: A global GLOPNET analysis. Ecological Applications, 17(7), 1982-1988. doi:Doi 10.1890/06-1803.1


Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2019 DIAS All Rights Reserved.