国立環境研究所大気拡散風洞データセット


このデータセットの引用文
神田 勲, 山尾幸夫. (2016). 国立環境研究所大気拡散風洞データセット [Data set]. データ統合・解析システム(DIAS). https://doi.org/10.20783/DIAS.283
引用フォーマット:

このデータセットを引用した論文
Mahalo Buttonとは?

識別情報

名称 国立環境研究所大気拡散風洞データセット
DOI doi:10.20783/DIAS.283
メタデータID NIES_wind_tunnel20221122151559-DIAS20221121113753-ja

問合せ先

データセットに関する問合せ先

名前 環境省環境保健部
組織名 環境省環境保健部

プロジェクトに関する問合せ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 神田 勲
組織名 環境省

データ作成者

名前 神田 勲, 山尾幸夫
組織名 環境省

ドキュメント作成年月日

2022-11-22

データ作成年月日

  • creation : 2016-03-23

データセット概要

序論

環境省「局地的大気汚染の健康影響に関する疫学調査―そら(SORA)プロジェクト」(平成17-22年度)において、市街地道路沿道における自動車交通起因の大気汚染による健康影響が調査された。その一環として、沿道居住者らへの大気汚染物質の暴露量を推定するためのモデル開発が行われた。モデルの検証用データとして利用するために、国立環境研究所大気拡散風洞において、規則配置から実市街地まで様々な街区形態に対して大気拡散実験が実施された。このデータセットは、それらの風洞実験によって得られた風速および濃度データを収録している。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

  • environment

時間情報

開始日 2005-12-26
終了日 2007-06-18

地理的範囲

北限緯度 35.7
西限経度 135.3
東限経度 139.7
南限緯度 34.7

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
discipline atmospheric diffusion, wind tunnel, urban roughness No_Dictionary

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
zip N/A

利用規約

データ提供者によるデータ利用規約

非記載

プロジェクトによるデータ利用規約

データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/terms/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

謝辞の記載方法

プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”

参考文献

I. Kanda, Y. Yamao, K. Uehara, T. Ohara: A wind-tunnel study on diffusion from urban major roads, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 99 (2011) 1227-1242

I. Kanda, Y. Yamao, T. Ohara, K. Uehara: An urban atmospheric diffusion model for traffic-related emission based on mass-conservation and advection-diffusion equations, Environmental modeling and Assessment, 18 (2013) 221 – 248

I. Kanda, T. Ohara, T. Nataami, H. Nitta, K. Tamura, S. Hasegawa, M. Shima, S. Nakai, K. Sakamoto, H. Yokota: Development of outdoor exposure model of traffic-related air pollution for epidemiologic research in Japan, Journal of Exposure Science and Environmental Epidemiology, 23 (2013) 487 - 497

I. Kanda, Y. Yamao, K. Uehara, T. Ohara: Development of a roadside atmospheric diffusion model MCAD, Research Report from the National Institute for Environmental Studies, Japan, No.207 (2012), pp.143


Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2022 DIAS All Rights Reserved.
DIASサービス利用規約DIASプライバシーポリシー