従来型観測を用いた日本域長期領域再解析


このデータセットの引用文
福井 真. (2022). 従来型観測を用いた日本域長期領域再解析 [Data set]. データ統合・解析システム(DIAS). https://doi.org/10.20783/DIAS.646
引用フォーマット:

このデータセットを引用した論文
Mahalo Buttonとは?

識別情報

名称 従来型観測を用いた日本域長期領域再解析
略称 RRJ-Conv
DOI doi:10.20783/DIAS.646
メタデータID RRJ_Conv20240603124850-DIAS20221121113753-ja

問合せ先

データセットに関する問合せ先

名前 RRJ_Conv作成チーム
電子メールアドレス rrj_conv@grp.tohoku.ac.jp

プロジェクトに関する問合せ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 山崎 剛
組織名 東北大学

データ作成者

名前 福井 真
組織名 気象研究所
名前 岩崎俊樹
組織名 東北大学

ドキュメント作成年月日

2024-06-03

データ作成年月日

  • creation : 2022-03-18

データセット概要

序論

従来型観測のみを同化して日本域における過去の大気場を再現した水平格子間隔 5km の長期領域再解析データ

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

時間情報

開始日 2001-07-01
終了日 2021-06-30
時間分解能 Hourly

地理的範囲

北限緯度 48.8
西限経度 107.5
東限経度 156.1
南限緯度 19.7

グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
row 721 5 (km)
column 577 5 (km)
vertical 17 25-100 (hPa)
time 1, 6 (hour)

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Atmosphere > Precipitation > Precipitation Amount, Atmosphere > Atmospheric Pressure > Sea Level Pressure, Atmosphere > Atmospheric Temperature > Surface Air Temperature GCMD_science

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
GRIB 2

利用規約

データ提供者によるデータ利用規約

このデータセットは、東北大学及び気象庁気象研究所の同意なしには、部分/全体を問わずダウンロード又は利用いただくことができません。このデータセットの提供を希望する場合は、以下の利用条件に同意をいただいたうえで、別途定める申請書を提出し許可を得る必要があります。

(1)長期再解析の技術開発、気候変動・温暖化等極端現象や気候変動の実態、温暖化に伴う気象の変化、長期再解析の活用の可能性等を明らかにする研究に資する目的の利用に限る。それ以外の目的(営利、広告、販売など)には利用しない。

(2)本データを利用した調査・研究を委託する場合を除き、第三者には提供しない。

(3)調査・研究の委託に伴う第三者への提供の際は、委託の終了後に当該第三者からデータを回収する。

(4)本データを用いた成果を公表する場合には、東北大学・気象庁気象研究所「従来型観測を用いた日本域長期領域再解析(RRJ-Conv)」を使用したことを明記する。

(5)本データを用いた成果を公表する場合には、事前にその資料等を東北大学及び気象庁気象研究所に提供する。

(6)本データの提供を受けてから1年以内に、得られた成果の概要を報告書として東北大学及び気象庁気象研究所へ提出する。

(7)その他、東北大学・気象庁気象研究所の指示事項に従う。

[免責事項]

東北大学・気象庁気象研究所は、利用者が本データを利用することによって生じる、いかなる損害についても責任を負いません。

プロジェクトによるデータ利用規約

データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/terms/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

謝辞の記載方法

プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”

参考文献

Fukui, S., T. Iwasaki, K. Saito, H. Seko, and M. Kunii, 2018: A feasibility study on the high-resolution regional reanalysis over Japan assimilating only conventional observations as an alternative to the dynamical downscaling. J. Meteor. Soc. Japan, 96, 565-585, DOI:10.2151/jmsj.2018-056.

Copyright © 2009-2024 DIAS All Rights Reserved.
DIASサービス利用規約DIASプライバシーポリシー