AMY Project TRITON buoy dataset


識別情報

名称 AMY Project TRITON buoy dataset
メタデータID AMY_TRITON_buoy_dataset20181218120114-AMY20130909130838-DIAS20180903143952-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 TRITON Office
組織名 JAMSTEC
住所 JAPAN, 237-0061, Kanagawa, Yokosuka, 2-15 Natsushima-cho
電子メールアドレス triton@jamstec.go.jp

プロジェクトに関する問い合わせ先

アジアモンスーン年プロジェクト

名前 松本 淳
組織名 首都大学東京大学院地理環境科学域
住所 日本, 192-0397, 東京都, 八王子市, 南大沢1-1
電話番号 042-677-2596
ファクシミリ番号 042-677-2596
電子メールアドレス jun@center.tmu.ac.jp

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 一般財団法人リモート・センシング技術センター
住所 日本, 105-0001, 東京都, 港区, 虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 TRITON Office
組織名 JAMSTEC
電子メールアドレス triton@jamstec.go.jp

データ作成者

名前 TRITON Office
組織名 JAMSTEC
電子メールアドレス triton@jamstec.go.jp

ドキュメント作成年月日

2018-12-18

データ作成年月日

  • revision : 2012-02-07

データセット概要

序論

独立行政法人海洋研究開発機構は1998年にTRITONブイを開発し、約20のブイを西太平洋と東インド洋の熱帯域に展開しています。太平洋におけるこれらのブイは米国の海洋大気庁(NOAA)の太平洋海洋環境研究所(PMEL)とデータブイセンター(NDBC)との協力の下TAO/TRITONアレイを形成し、インド洋におけるこれらのブイはインド洋観測システム(IndOOS)の主要素となるRAMAアレイを形成しています。これらのブイアレイは全球気候観測システム、全球海洋観測システム、全球地球観測システムの一部でもあります。

それぞれのブイは海洋観測の要素として水温、塩分、混合層内の流速を測定し、気象観測の要素として、風向風速、気温、相対湿度、気圧、雨量、短波放射を測定しています。これらの観測されたデータは太平洋のエルニーニョ南方振動現象やインド洋のダイポールモード現象といった短期気候変動現象の現況把握とその理解や予測に対して重要なものと言えます。

観測されたデータはリアルタイムで毎日処理されグラフ表示と共にweb上で公開され、研究や気象・気候予測の現業、あるいは教育活動などに利用されています。より詳しい情報が必要な方は以下のwebページを参照下さい。

TRITON:http://www.jamstec.go.jp/jamstec/TRITON/real_time/

IOMICS:http://wwwjamstec.go.jp/iorgc/iomics/

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

  • oceans

時間情報

開始日 2008-01-01
終了日 継続中
時間分解能 Hourly

地理的範囲

北限緯度 8
西限経度 90
東限経度 156
南限緯度 -5

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme OCEANOGRAPHY PHYSICAL > Upper ocean and mixed layer processes, OCEANOGRAPHY GENERAL > Ocean observing systems, OCEANOGRAPHY PHYSICAL > ENSO, OCEANOGRAPHY PHYSICAL > Air/sea interactions AGU

プロジェクトに関連するキーワード

アジアモンスーン年プロジェクト
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
place Asia Country
データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
CSV 1.0

データセット利用制約条項

プロジェクトデータ利用規約

アジアモンスーン年プロジェクト

1. No financial implications are involved for the AMY data exchange.

2. Commercial use and exploitation of AMY data is prohibited.

3. Any re-export or transfer of the original data received from the CDA archive to a third party is prohibited.

4. The origin of AMY data being used for publication of scientific results must be acknowledged and referenced in the publication.

5. AMY data users are strongly encouraged to establish direct contact with data providers for complete interpretation and analysis of data for publication purposes.

6. Co-authorship of data users and AMY Projects’ Principle Investigators on papers making extensive use of AMY data is justifiable and highly recommended.

 

 Whenever AMY data distributed by CDA are being used for publication of scientific results, the author(s) shall sent a copy of the respective publication, preferably in electronic form, to the CDA in order to build up a AMY publication library. CDA will maintain this library and will it make public, for example via CDA's web site, for a continuous monitoring of the AMY data applications and AMY's achievements in general.

データ統合・解析システム

DIASのデータ利用ポリシーは,第一にデータ提供機関のデータ利用規約が優先します.データ提供機関が利用規約を定めていない場合は,以下のDIASプロジェクトデータ利用規約が適用されます.

1. 利用者は,データ提供者が示すデータ利用規約がある場合はそれを優先し従うこと

2. 利用者は,DIASデータセットを研究及び教育目的に利用することができる(注1)

3. 利用者は,DIASデータセットの内容を改変しないこと

4. 利用者は,DIASデータセットを第三者に提供しないこと

5. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,データ引用文に掲載されている文章をカッコ書きで引用すること

6. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)をDIAS事務局に提出すること

(注1)

データ提供者による利用規約において,営利目的の利用も許諾されるデータセットに関しては,DIASデータセットとしても基本的に営利目的の利用を可能とするよう,現在準備を進めています.個別の問い合わせは,DIAS事務局までお願いいたします.

[DIAS事務局]

〒105-0001

東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階

一般財団法人リモート・センシング技術センター

DIAS事務局宛

E-mail: dias-office@diasjp.net

プロジェクト免責事項

データ統合・解析システム

1. DIASは,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2. DIASは,予告なしに本サイト上の情報を変更・削除・提供を中止することがある.

3. DIASは,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない.

データ引用文

プロジェクトデータ引用規約

アジアモンスーン年プロジェクト

Whenever AMY data distributed by the CDA are being used for publication of scientific results, the data's origin must be acknowledged and referenced. A minimum requirement is to reference AMY and the CDA. If only data from one observation site (or a limited number of observation sites) has been used, additional acknowledgement to the observation site(s) and its (their) maintaining institutions or organizations shall be given.

Maintaining continuous, high-quality measurements, performing quality and error checking procedures, and submitting data and related documentation to the CDA will require substantial financial and logistical efforts of the data providers. The necessary support for these observation site activities originate from a variety of international, national and institutional sources. The CDA shall make proper reference to all AMY data providers and, if required, to their funding sources.

データ統合・解析システム

 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は,以下の引用文を謝辞として明記すること.また,データ提供者が示す謝辞の引用文がある場合は,それも併記すること.

”利用したデータセットは,文部科学省の委託事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである.”


Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2019 DIAS All Rights Reserved.