全球海洋再解析


このデータセットの引用文:
杉浦 望実. (2008). 全球海洋再解析 [Data set]. データ統合・解析システム(DIAS). https://doi.org/10.20783/DIAS.31
引用フォーマット:

識別情報

名称 全球海洋再解析
v3.1
略称 DIAS_ODAPv3.1
DOI doi:10.20783/DIAS.31
メタデータID DIAS_ODAP20190221144037-DIAS20180903143952-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 増田 周平
組織名 海洋研究開発機構・地球環境変動領域
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173-25
電子メールアドレス smasuda@jamstec.go.jp

プロジェクトに関する問い合わせ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 一般財団法人リモート・センシング技術センター
住所 日本, 105-0001, 東京都, 港区, 虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 五十嵐 弘道
組織名 海洋研究開発機構・地球情報研究センター
電子メールアドレス higarashi@jamstec.go.jp

データ作成者

名前 杉浦 望実
組織名 海洋研究開発機構・地球情報研究センター
電子メールアドレス nsugiura@jamsetc.go.jp

ドキュメント作成年月日

2019-02-21

データ作成年月日

  • revision : 2008-06-05

データセット概要

序論

本データ作成に使用した4D-VARデータ同化システム(Masuda et al. [2003])は全球海洋をカバーしている。海洋モデルはGFDL Modular Ocean Model (MOM; Pacanowski and Griffies, 1999) ver.3で、以下のパラメタリゼーションスキームを含む:nonlocal K Profile Parameterization (Large et al., 1994), Gent and McWilliams's scheme (Gent and McWiiliams, 1990), quicker advection scheme (Leonald, 1979).水平解像度は1*1度で鉛直36層。このモデルは海洋循環を再現するための性能を備えているので4D-VARアジョイントモデルのプラットフォームとして適していると考えられる。World Ocean Database 1998(気候値)とFNMOCの水温・塩分、 OI SST、及びAVISO編集の海面高度アノマリデータを同化データとして使用した。全ての観測データは1*1度毎に平均し、海表面は10日平均値・亜表層は月平均値として同化した。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • oceans

時間情報

開始日 1991-01-01
終了日 2006-12-31
時間分解能 monthly

地理的範囲

北限緯度 80
西限経度 -180
東限経度 180
南限緯度 -75

グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
row 360 1 (deg)
column 155 1 (deg)
vertical 36 10-400 (m)

地理情報を識別する名称

global

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Ocean, Reanalysis GODAE

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データセット利用制約条項

データ提供者による利用規約

本データを利用した論文・報告文には、これを利用した旨を必ず明記してください(下の「引用例」参照)。

The data used in this study have been obtained from the Data Server of "Kyousei" category #7 (k7) of "RR2002: Project for Sustainable Coexistence of Human, Nature, and the Earth" sponsored by MEXT.

プロジェクトデータ利用規約

データ統合・解析システム

DIASのデータ利用ポリシーは,第一にデータ提供機関のデータ利用規約が優先します.データ提供機関が利用規約を定めていない場合は,以下のDIASプロジェクトデータ利用規約が適用されます.

1. 利用者は,データ提供者が示すデータ利用規約がある場合はそれを優先し従うこと

2. 利用者は,DIASデータセットを研究及び教育目的に利用することができる(注1)

3. 利用者は,DIASデータセットの内容を改変しないこと

4. 利用者は,DIASデータセットを第三者に提供しないこと

5. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,データ引用文に掲載されている文章をカッコ書きで引用すること

6. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)をDIAS事務局に提出すること

(注1)

データ提供者による利用規約において,営利目的の利用も許諾されるデータセットに関しては,DIASデータセットとしても基本的に営利目的の利用を可能とするよう,現在準備を進めています.個別の問い合わせは,DIAS事務局までお願いいたします.

[DIAS事務局]

〒105-0001

東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階

一般財団法人リモート・センシング技術センター

DIAS事務局宛

E-mail: dias-office@diasjp.net

プロジェクト免責事項

データ統合・解析システム

1. DIASは,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2. DIASは,予告なしに本サイト上の情報を変更・削除・提供を中止することがある.

3. DIASは,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない.

データ引用文

プロジェクトデータ引用規約

データ統合・解析システム

 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は,以下の引用文を謝辞として明記すること.また,データ提供者が示す謝辞の引用文がある場合は,それも併記すること.

”利用したデータセットは,文部科学省の委託事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである.”


Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2019 DIAS All Rights Reserved.