熱中症に関する都道府県別統計的生命価値(VSL)


このデータセットの引用文:
中嶌 一憲. (2020). 熱中症に関する都道府県別統計的生命価値(VSL) [Data set]. データ統合・解析システム(DIAS). https://doi.org/10.20783/DIAS.629
引用フォーマット:

識別情報

名称 熱中症に関する都道府県別統計的生命価値(VSL)
DOI doi:10.20783/DIAS.629
メタデータID HEAT_2P20210525125800-DIAS20210525095249-ja

問合せ先

データセットに関する問合せ先

名前 中嶌 一憲
組織名 兵庫県立大学
住所 日本, 6700092, 兵庫県, 姫路市, 新在家本町1-1-12
電話番号 +81-79-292-9412
ファクシミリ番号 +81-79-292-9412
電子メールアドレス nakajima@shse.u-hyogo.ac.jp

プロジェクトに関する問合せ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 中嶌 一憲
組織名 兵庫県立大学
電子メールアドレス nakajima@shse.u-hyogo.ac.jp

データ作成者

名前 中嶌 一憲
組織名 兵庫県立大学
電子メールアドレス nakajima@shse.u-hyogo.ac.jp

ドキュメント作成年月日

2021-05-25

データ作成年月日

  • creation : 2020-11-16

データセット概要

序論

2050年および2100年において、気候変動に伴う熱中症に関する都道府県の統計的生命価値(VSL)を収録しています。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • economy

時間情報

開始日 2050-01-01
終了日 2100-12-31
時間分解能 Annual

地理的範囲

北限緯度 46
西限経度 122
東限経度 154
南限緯度 20

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme Health GEOSS
theme [Human Dimensions ] > [Natural Hazards ] > [Heat ], [Human Dimensions ] > [Public Health ] > [Environmental Health Factors ] GCMD_science
theme POLICY SCIENCES > Benefit-cost analysis, POLICY SCIENCES > Regional planning AGU
place Asia > Eastern Asia > Japan Country

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データ周辺情報

シート名「VSL」は熱中症に関する都道府県別統計的生命価値(単位: 百万円/年)を、シート名「Pref_Code」は都道府県コードをそれぞれ表す。配布手段はExcelファイルである。

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
Excel ver.1

利用規約

データ提供者によるデータ利用規約

1. 本データセットの利用は非商用に限ります。

2.本データセットを利用した論文および報告文では、下記の論文を引用してください。

Morisugi, M., Mori, R., Sakamoto, N., Nakajima, N. and Ohno, E.: Option Price Model and Evaluation of Time Saving Effect for Emergency Patient of Heat Stroke, Transportation Research Procedia, Vol.25, pp.2865-2880, 2017. DOI: https://doi.org/10.1016/j.trpro.2017.05.267

3. データ提供者は、本データセットを利用したことによって発生したいかなる損失、損害に対して責任を負いません。

プロジェクトによるデータ利用規約

データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/policy/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacypolicy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

謝辞の記載方法

プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“ 本研究では、[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは、文部科学省の補助事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである. ”

参考文献

Morisugi, M., Mori, R., Sakamoto, N., Nakajima, N. and Ohno, E.: Option Price Model and Evaluation of Time Saving Effect for Emergency Patient of Heat Stroke, Transportation Research Procedia, Vol.25, pp.2865-2880, 2017. DOI: https://doi.org/10.1016/j.trpro.2017.05.267


Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2021 DIAS All Rights Reserved.
DIASサービス利用規約DIASプライバシーポリシー