気象庁55年長期再解析 全観測データ不使用(JRA-55AMIP)


GCMDサイエンスキーワード
[Atmosphere ]

識別情報

名称 気象庁55年長期再解析 全観測データ不使用(JRA-55AMIP)
略称 JRA-55AMIP
メタデータID JRA55_AMIP20170509162759-DIAS20170508134353-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
組織名 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
住所 日本, 100-8122, 東京都, 千代田区, 大手町1-3-4
電子メールアドレス jra@met.kishou.go.jp

プロジェクトに関する問い合わせ先

データ統合解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 東京大学地球観測データ統融合連携研究機構(EDITORIA)
住所 日本, 153-8505, 東京都, 目黒区, 駒場4-6-1
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
組織名 気象庁地球環境・海洋部気候情報課
電子メールアドレス jra@met.kishou.go.jp

データ作成者

名前 気象庁気象研究所気候研究部
組織名 気象庁気象研究所気候研究部

ドキュメント作成年月日

2017-05-09

データ作成年月日

  • publication : 2014-10-01

データセット概要

序論

気象庁55年長期再解析 (JRA-55) プロジェクトの一部として、気象研究所では、JRA-55同化システムで使用した全球大気モデルを用い、観測データを一切同化しない長期ラン実験を行った。このサブプロジェクトは、JRA-55AMIPと呼ばれ、JRA-55と同じ海面水温、海氷、温室効果ガス等の条件下で実施されており、モデルの系統誤差を把握することを目的としている。

なお、JRA-55AMIPデータの一部に誤りがあり、2015年6月3日にデータの差し替えを行った。詳細は「その他の品質情報」の項を参照。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

時間情報

開始日 1958-01-01
終了日 2012-12-31

地理的範囲

北限緯度 90
西限経度 -180
東限経度 180
南限緯度 -90

グリッド

次元の名称 次元の分割数 次元の解像度
()
()
()

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme [Atmosphere ] GCMD_science
theme Aircraft, Balloons/Rockets, Earth Observation Satellites, In Situ Land-based Platforms, In Situ Ocean-based Platforms, Models > , Navigation Platforms GCMD_platform
theme Climate, Weather GEOSS

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

データ配布情報

配布識別名 配布バージョン 配布に関する説明
GRIB 1

品質等

JRA-55AMIPデータの一部に誤りがあり、2015年6月3日にデータの差し替えを行った。

差し替えを行ったファイルは以下の262ファイル

JRA-55AMIP/Hist/Daily/fcst_phy2m125/199902/  の下の全ファイル(226個)

JRA-55AMIP/Hist/Monthly/fcst_phy2m125/ の下の4ファイル

fcst_phy2m125.199902

fcst_phy2m125_var.199902

fcst_phy2m125.monthly.idx

fcst_phy2m125_var.monthly.idx

JRA-55AMIP/Hist/Monthly_diurnal/fcst_phy2m125/ の下の32ファイル

fcst_phy2m125.199902_${hh}

fcst_phy2m125_var.199902_${hh}

fcst_phy2m125_${hh}Z.monthly.idx

fcst_phy2m125_var_${hh}Z.monthly.idx

ここで ${hh}は 00,03,06,09,12,15,18,21

データセット利用制約条項

データ提供者による利用規約

1.本データ使用責任者の氏名・所属・連絡先を明らかにすること。

2.本データを気象庁の許可無く第三者に提供しないこと。また、商業的な活動に利用しないこと。

3.本データを利用した論文・報告文には、これを利用した旨を明記すること(下の「引用例」参照)。

4.本データを利用した論文・報告文を作成した場合には、気象庁に写しを提出すること。

免責事項

気象庁は、本データについて細心の注意を払っておりますが、本データの信頼性について一切保証するものではありません。また利用者が本データを利用することによって生じる、いかなる損害についても気象庁が責任を負うものではありません。

プロジェクトデータ利用規約

データ統合解析システム

1. 利用者は,データ提供者が示すデータ利用規約がある場合はそれを優先し従うこと.

2. 利用者は,DIASデータセットを研究及び教育目的に利用することができる(注1).

3. 利用者は,DIASデータセットの内容を改変しないこと.

4. 利用者は,DIASデータセットを第三者に提供しないこと.

5. 利用者は、DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は、データ引用文に掲載されている文章をカッコ書きで引用すること.

6. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)を下記の「連絡・送付先」に提出すること.

〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1 

東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構(EDITORIA)

DIAS担当 宛

E-mail: dias-office@diasjp.net

(注1)

データ提供者による利用規約において,営利目的の利用も許諾されるデータセットに関しては,DIASデータセットとしても基本的に営利目的の利用を可能とするよう,現在準備を進めています.個別の問い合わせは,一般財団法人リモート・センシング技術センター( R-dias3@restec.or.jp )まで.

プロジェクト免責事項

データ統合解析システム

1. DIASは,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2. DIASは,予告なしに本サイト上の情報を変更・削除・提供を中止することがある.

3. DIASは,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない

データ引用文

データ提供者データ引用規約

 本データを利用した論文・報告文には、これを利用した旨を明記すること(下の「引用例」参照)。

引用例

「利用したデータセットは気象庁55年長期再解析 (JRA-55) プロジェクトにより提供されたものである。」

プロジェクトデータ引用規約

データ統合解析システム

 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は,以下の引用文を謝辞として明記すること.また,データ提供者が示す謝辞の引用文がある場合は,それも併記すること.

”利用したデータセットは、文部科学省の委託事業により開発・運用されているデータ統合・解析システム(DIAS)の下で、収集・提供されたものである.”

参考文献

Kobayashi, S., Y. Ota, Y. Harada, A. Ebita, M. Moriya, H. Onoda, K. Onogi, H. Kamahori, C. Kobayashi, H. Endo, K. Miyaoka, and K. Takahashi, 2015: The JRA-55 Reanalysis: General Specifications and Basic Characteristics. 93, 5-48, doi: 10.2151/jmsj.2015-001.


Copyright(c) 2006-2016 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2016 DIAS All Rights Reserved.