国土交通省 XRAIN データ


GCMDサイエンスキーワード
[Atmosphere ] [Precipitation ]

識別情報

名称 国土交通省 XRAIN データ
メタデータID MLIT_XRAIN20181216221021-DIAS20180903143952-ja

問い合わせ先

データセットに関する問い合わせ先

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

プロジェクトに関する問い合わせ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 一般財団法人リモート・センシング技術センター
住所 日本, 105-0001, 東京都, 港区, 虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室

データ作成者

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室

ドキュメント作成年月日

2018-12-16

データ作成年月日

  • publication : 2010-07-05

データセット概要

序論

国土交通省XバンドMPレーダネットワークのデータ

2018/6/1より、現在DIASから配信しているXRAIN合成雨量データが変更されますのでお知らせします。

これまでXバンドMPレーダで観測されていた区域に、新たにMP化されたCバンドレーダの観測域が加わるため、地域区分は下記の通り変更になります。

変更前:

 SAPPOTO001:札幌周辺

 KURIKOMA01:岩手・宮城

 FUKUSHIMA1:福島・宮城

 NIIGATA001:新潟・秋田・福島

 TOUKYOU001:関東周辺

 SHIZUOKA01:静岡

 HOKURIKU01:富山・石川

 NAGOYA0001:中部

 KINKI00001:近畿

 OKAYAMA001:岡山

 HITOSHIMA1:広島

 FUKUOKA001:九州北部

 KUMAMOTO01:熊本

 OOSUMI0001:桜島周辺

変更後(カッコ内は緯度経度範囲):

 HOKAIDO001:北海道・東北 (東経136度~148度、北緯40度40分~48度)

 TOHOKU0001:東北・北陸・関東(東経135度~148度、北緯36度~42度)

 KANTO00001:関東全域・中部・北陸・近畿・中国(東経134度~144度、北緯30度40分~37度20分)

 CYUGOKU001:中国、近畿(東経130度~136度、北緯28度40分~39度20分)

 KYUSYU0001:九州、中国、沖縄(東経125度~133度、北緯28度~36度40分)

 OKINAWA001:沖縄、九州(東経124度~131度、北緯23度20分~29度20分)

これに伴い、「XバンドMPレーダ(XRAIN) リアルタイム雨量情報」は「X/CバンドMPレーダ(XRAIN) リアルタイム雨量情報」と名称変更され、「AMeNOW!」とともにデータ提供範囲およびユーザインタフェースが6月1日分より変更されますのでご留意下さい。

なお、配信間隔・フォーマット等の変更はございません。また、RAWデータ、一次処理データ配信に関しては、従来通りX バンドMP レーダの範囲・フォーマットで配信が継続されます。

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

時間情報

開始日 2010-07-05
終了日 継続中

地理的範囲

北限緯度 43.922222
西限経度 129.550000
東限経度 142.570833
南限緯度 30.833333

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme [Atmosphere ] > [Precipitation ] GCMD_science

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

系譜情報

データ処理 (1)

データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

一迫レーダ観測所は撤去のため2015年12月14日以降のデータが存在しません

一関レーダ観測所は撤去のため2017年2月13日以降のデータが存在しません

データ処理 (2)

データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

2018年7月9日から次の3地点追加されました。

1.鷹巣局レーダ観測所 (秋田県):XバンドMPレーダ

2.明神山レーダ観測所 (愛媛県):CバンドMPレーダ

3.八本木山レーダ観測所(長崎県) :CバンドMPレーダ

データセット利用制約条項

データ提供者による利用規約

1.本データは,研究及び教育目的のみに利用し,営利などのそれ以外の目的に利用しないこと.

2.本データを使用する責任者の氏名・所属・連絡先及び利用目的を明らかにすること.1に示す利用目的に反した場合には,データの提供を中止することがあり得る.

3.本データの内容を改変しないこと.

4.本データを第三者に提供しないこと.

5.本データを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)を下記の連絡・送付先に提出すること.

●連絡・送付先

〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 中央合同庁舎3号館

国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課 河川情報企画室 宛

Email:hqt-dias@ml.mlit.go.jpまたプロジェクトデータ利用規約-データ統合解析システムの6.が定める連絡・送付先にも提出すること.

6.本データを利用した成果物(4.によりデータ提供者に提出した資料)の内容に係るデータ提供者からの問い合わせに協力すること.

【免責事項】

1.データ提供者は,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2.データ提供者は,予告なしにデータの提供を中止することがある.

3.データ提供者は,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない.

プロジェクトデータ利用規約

データ統合・解析システム

DIASのデータ利用ポリシーは,第一にデータ提供機関のデータ利用規約が優先します.データ提供機関が利用規約を定めていない場合は,以下のDIASプロジェクトデータ利用規約が適用されます.

1. 利用者は,データ提供者が示すデータ利用規約がある場合はそれを優先し従うこと

2. 利用者は,DIASデータセットを研究及び教育目的に利用することができる(注1)

3. 利用者は,DIASデータセットの内容を改変しないこと

4. 利用者は,DIASデータセットを第三者に提供しないこと

5. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,データ引用文に掲載されている文章をカッコ書きで引用すること

6. 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)をDIAS事務局に提出すること

(注1)

データ提供者による利用規約において,営利目的の利用も許諾されるデータセットに関しては,DIASデータセットとしても基本的に営利目的の利用を可能とするよう,現在準備を進めています.個別の問い合わせは,DIAS事務局までお願いいたします.

[DIAS事務局]

〒105-0001

東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階

一般財団法人リモート・センシング技術センター

DIAS事務局宛

E-mail: dias-office@diasjp.net

プロジェクト免責事項

データ統合・解析システム

1. DIASは,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2. DIASは,予告なしに本サイト上の情報を変更・削除・提供を中止することがある.

3. DIASは,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない.

データ引用文

データ提供者データ引用規約

本データを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は、これを利用した旨を明記すること(下記の「引用例」参照)。

●引用例

“利用したXRAINデータは、国土交通省より提供されたものである”

プロジェクトデータ引用規約

データ統合・解析システム

 利用者は,DIASデータセットを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は,以下の引用文を謝辞として明記すること.また,データ提供者が示す謝辞の引用文がある場合は,それも併記すること.

”利用したデータセットは,文部科学省の委託事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS)の下で,収集・提供されたものである.”


Copyright(c) 2006-2018 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by "Data Integration & Analysis System" funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2019 DIAS All Rights Reserved.