国土交通省 XRAIN 合成雨量データ


GCMDサイエンスキーワード
[Atmosphere ] [Precipitation ]

識別情報

名称 国土交通省 XRAIN 合成雨量データ
メタデータID MLIT_XRAIN_composite20210510181942-DIAS20210510161836-ja

問合せ先

データセットに関する問合せ先

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

プロジェクトに関する問合せ先

データ統合・解析システム

名前 DIAS事務局
組織名 国立研究開発法人海洋研究開発機構
住所 日本, 236-0001, 神奈川県, 横浜市, 金沢区昭和町3173番25
電子メールアドレス dias-office@diasjp.net

ドキュメント作成者

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室

データ作成者

名前 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室
組織名 国土交通省水管理・国土保全局河川計画課河川情報企画室

ドキュメント作成年月日

2021-05-10

データ作成年月日

  • publication : 2010-07-05

データセット概要

序論

国土交通省XバンドMPレーダネットワークの地域単位の合成雨量データ

トピックカテゴリ(ISO19139)

  • climatologyMeteorologyAtmosphere

時間情報

開始日 2010-07-05
終了日 2018-05-31

地理的範囲

北限緯度 43.922222
西限経度 129.550000
東限経度 142.570833
南限緯度 30.833333

キーワード

データセットに関連するキーワード

キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme [Atmosphere ] > [Precipitation ] GCMD_science

プロジェクトに関連するキーワード

データ統合・解析システム
キーワードタイプ キーワード シソーラス名
theme DIAS > Data Integration and Analysis System No_Dictionary

データセットに関するオンライン情報

系譜情報

データ処理 (1)

データセット作成に関する加工過程や履歴の説明

2018年7月9日から次の3地点追加されました。

1.鷹巣局レーダ観測所 (秋田県):XバンドMPレーダ

2.明神山レーダ観測所 (愛媛県):CバンドMPレーダ

3.八本木山レーダ観測所(長崎県) :CバンドMPレーダ

利用規約

データ提供者によるデータ利用規約

1.本データは,研究及び教育目的のみに利用し,営利などのそれ以外の目的に利用しないこと.

2.本データを使用する責任者の氏名・所属・連絡先及び利用目的を明らかにすること.1に示す利用目的に反した場合には,データの提供を中止することがあり得る.

3.本データの内容を改変しないこと.

4.本データを第三者に提供しないこと.

5.本データを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行った場合は,公表物の写し(論文の場合は別刷り,口頭・ポスター発表の場合は講演要旨のコピー)をDIAS事務局に提出すること.郵送先等については、DIAS事務局に問い合わせること.

6.本データを利用した成果物(5.により提出した資料)の内容に係るデータ提供者からの問い合わせに協力すること.

【免責事項】

1.データ提供者は,利用者が本データを利用することによって生じる,いかなる損害についても責任を負わない.

2.データ提供者は,予告なしにデータの提供を中止することがある.

3.データ提供者は,提供したデータに関する処理・解析作業についてサポートしない.

プロジェクトによるデータ利用規約

データ統合・解析システム

データ提供者がデータ利用規約を定めていない場合は,DIASサービス利用規約(https://diasjp.net/policy/)およびDIASプライバシーポリシー(https://diasjp.net/privacypolicy/)が適用されます.

DIASサービス利用規約とデータ提供者によるデータ利用規約に齟齬がある場合は,データ提供者によるデータ利用規約が優先して適用されます.

謝辞の記載方法

データ提供者の指定による謝辞の記載方法

本データを利用した学会発表・論文発表・誌上発表・報告等を行う場合は、これを利用した旨を明記すること(下記の「引用例」参照)。

●引用例

“利用したXRAINデータは、国土交通省より提供されたものである”

プロジェクトの指定による謝辞の記載方法

データ統合・解析システム

このデータセットを利用して学会発表,論文発表,誌上発表,報告などを行う場合は,以下を参考に謝辞を記載すること.また,データ提供者が示す謝辞の記載方法がある場合は,それも併記すること.

“本研究では,[データ提供者の名称]が提供する[データセットの名称]を利用した.またこのデータセットは,文部科学省の委託事業により開発・運用されているデータ統合解析システム(DIAS, 課題番号: JPMXD0716808999)の下で,収集・提供されたものである.”


Copyright(c) 2006-2021 Data Integration & Analysis System (DIAS) All Rights Reserved.
This project is supported by " Data Integration & Analysis System " funded by MEXT, Japan
Copyright © 2009-2021 DIAS All Rights Reserved.
DIASサービス利用規約DIASプライバシーポリシー